新着情報

原三溪《白蓮》(部分)
昭和6(1931)年、絹本淡彩・一幅、128.0×41.6 cm

1.講演会「三溪の茶と美」

日時
2019年7月21日(日) 14時~15時30分(13時30分開場)
講師
千 宗屋(武者小路千家家元後嗣、美術史家)
会場
横浜美術館レクチャーホール
定員
220名(事前申込、先着順)
参加費
無料
申込方法

[定員に達したため、参加申込受付を終了しました]

2019年6月21日(金)10時より申込開始。

2.レクチャーと鼎談「三溪の古美術収集と美術家支援 ―三溪資料研究の現在(いま)」

日時
2019年7月20日(土) 14時~16時(13時30分開場)
講師
清水 緑(渋谷区立松濤美術館学芸員、元三溪園学芸員)
三上 美和(京都造形芸術大学准教授、『原三溪と日本近代美術』著者)
聞き手
内山 淳子(横浜美術館主任学芸員)
会場
横浜美術館円形フォーラム
定員
100名(当日12時より総合案内にて整理券配布)
参加費
無料

3.学芸員によるギャラリートーク

日時
2019年7月26日(金)、8月16日(金) いずれも18時30分~19時
2019年8月12日(月・休)、8月17日(土) いずれも14時~14時30分
会場
企画展展示室
参加費
無料(事前申込不要、当日有効の本展観覧券が必要)

4.抹茶茶碗創作 志野と黒織部にせまる

志野茶碗 銘 梅が香

《志野茶碗 銘 梅が香》
桃山時代(16世紀末~17世紀初期)陶器・一口 五島美術館蔵
撮影:名鏡勝朗[展示期間:7月13日(土)~8月7日(水)]

原三溪は、多くの美術品をコレクションする一方、茶人でもあり、抹茶茶碗をはじめとした、茶道具の名品を数多く所蔵していました。三溪園では、現在も多くの茶会が開催されています。
今回は、展覧会の作品鑑賞で原三溪の愛した茶碗を知ると同時に、アトリエで、2種類の抹茶茶碗作りの体験をとおして、その素材や技法など、相違や魅力にせまり、考察します。初めての方もご参加ください。

日時
2019年8月3日(土)、4日(日)、18日(日)、9月1日(日)【全4回】
初回 13時30分~16時30分、2~4回目 14時~16時
講師
瀬戸 毅己(陶芸家)
会場
横浜美術館市民のアトリエ
定員
15名(12歳以上、事前申込・抽選)
参加費
15,000円(材料費・焼成費含む)
申込方法

※応募者多数の場合は抽選となります。申し込みの詳細はこちら

(1)申込みフォームはこちら

※お申込1名様につき1つのメールアドレスが必要です。同じメールアドレスで複数名のお申込はできませんのでご注意ください。

(2)往復はがき

申込締切
2019年7月16日(火)

5.日本画の材料と技法にふれる

日本画の材料と技法にふれる原三溪は、今日では国宝や重要文化財に指定される美術品を蒐集し、またパトロンとして日本美術院の若き画家達を支援しました。この講座では、鑑賞と創作体験を通して、三溪旧蔵品にみる日本画の魅力をご紹介します。
体験では、講師が用意する下図をもとに、実際に日本画の絵具や筆を使って小さな作品を描いてみましょう。知っているようで知らない日本の伝統絵画の奥深い表現や技法に触れながら、三溪の美意識に迫ります。

日時
2019年8月24日(土) 10時30分~15時30分(昼休含む)
講師
藤井 聡子(日本画家)
会場
横浜美術館市民のアトリエ
定員
16名(12歳以上、事前申込・抽選)
参加費
3,800円(材料費含む)
申込方法

※応募者多数の場合は抽選となります。申し込みの詳細はこちら

(1)申込みフォームはこちら

※お申込1名様につき1つのメールアドレスが必要です。同じメールアドレスで複数名のお申込はできませんのでご注意ください。

(2)往復はがき

申込締切
2019年7月29日(月)

6.原三溪で横浜街歩き ゆかりの地と美術を訪ねて

「原三溪の美術 伝説の大コレクション」展のプレイベントとして、原三溪にゆかりのある横浜の地と美術作品をご紹介する街歩きをおこないます。馬車道から日本大通り、山下公園への横浜らしい風景を楽しみながら、原三溪の生涯と、三溪が愛した美術作品について理解を深めましょう。原三溪市民研究会と横浜美術館ボランティア(教育プロジェクト)のメンバーが皆様をご案内します。

撮影:加藤健

日時
2019年6月21日(金)、23日(日) いずれも10時30分~12時10分

※両日とも同内容。いずれかを選んでお申込みください。
※荒天中止(中止の場合は、参加が決定した方に個別にご連絡します)

コース

みなとみらい線馬車道駅~日本大通り~山下公園

※約2kmほどの街歩きです。歩きやすい靴でご参加ください。

案内
原三溪市民研究会、横浜美術館ボランティア(当館職員同行)
定員
各回10名(要事前申込・抽選)
参加費
無料(当館負担によりイベント保険に加入)
申込方法

申込みフォームはこちら

※1つのメールアドレスで2名様まで申込できます。

※応募者多数の場合は抽選となります。

申込締切
2019年6月3日(月)

7.原三溪市民研究会連携事業
シンポジウム「原三溪の漢詩の世界」

日時
2019年8月10日(土) 14時~16時(13時30分開場)
講師
[基調講演]鄧 捷(関東学院大学教授)
[フリートーク]原三溪市民研究会・漢詩部会
会場
横浜美術館レクチャーホール
定員
220名(当日12時より総合案内にて整理券配布)
参加費
無料
主催
原三溪市民研究会、横浜美術館

Page Top
ページトップへ