展示構成
重要
文化財

下村観山《弱法師》(部分)
大正4(1915)年、絹本金地着色・六曲一双、各186.4×406.0cm、東京国立博物館蔵 Image:TNM Image Archives
[展示期間:8月9日(金)〜9月1日(日)]

アーティスト三溪

余技の域を超えた書画、理想美としての庭園

三溪は、自らも書画をよくしたアーティストとしても知られています。故郷岐阜の豊かな自然、そして幼少より意欲的に学んだ書画や漢学、詩文の素養が、その類稀なる感性を育んだといえるでしょう。母方の祖父は南画家・高橋杏村(きょうそん)。その長男で叔父の高橋杭水(こうすい)らに、三溪は絵画や詩文を学んだとされます。関東大震災後、横浜の復興に専念した三溪は、美術品の購入や作家への支援を自粛しますが、自ら書画を多く制作するようになります。それらの作品は、前田青邨ら画家たちに絶賛されました。
一方で、三溪の創作の精神は、本牧三之谷の広大な土地に日本庭園を設計、そこに古建築を移築し完成させた三溪園に結実します。私邸を含むこの庭園は、自らの創造の源となるのみならず、作家支援の現場となり、万人に無料で開放されました。そこには、文化の「公益性」に対する強い信念に貫かれた、三溪独自の世界観をみることができるでしょう。

開園間もない頃の三溪園入口

明治39(1906)年 提供:三溪園
自由観覧の旨、和英で看板が掲げられた。

原三溪 《鵜飼と金華山》

昭和初期、絹本淡彩・一幅、132.2×32.5cm、岐阜市歴史博物館蔵
故郷長良川の風情のひとつである鵜飼を、金華山にそびえる岐阜城の天守とともに描いた作品。鵜飼は近世以来たびたび描かれてきた画題で、祖父・高橋杏村の作品にもみることができ、三溪自身も複数の作品を残している。
本作では、帰省の際に、友人と酒を交わして過ごした時間の愉しさが、漢詩に詠まれ、画とあいまって故郷への望郷の念が表現されている。

原三溪《白蓮》

昭和6(1931)年、絹本淡彩・一幅、128.0×41.6cm
蓮は、三溪が最も多く描いた画題。故郷岐阜で生産が盛んであることから、蓮は沼池の風景のみならず茶席に供する食材としても、三溪にとって親しみのある主題だった。三溪の描いた蓮はそのほとんどが白蓮で、輪郭線を用いずモチーフの形態を直接彩色する没骨の技法で描かれている。
本作は昭和6年に小林古径に贈られた作品。その清廉で穏やかな佇まいから、古径は表具を仏画仕立てにし、三溪に箱書きを依頼した。

Page Top
ページトップへ