新着情報
重要
文化財

下村観山《弱法師》(部分)
大正4(1915)年、絹本金地着色・六曲一双、各186.4×406.0cm、東京国立博物館蔵 Image:TNM Image Archives
[展示期間:8月9日(金)〜9月1日(日)]

1
驚くべき大コレクション。
その真髄を、過去最大規模で紹介!
三溪が生涯に購入した美術品は、優に5,000点を超えます。コレクションは没後に分散しますが、国内各地の美術館や博物館を代表する所蔵品となり、また個人などに受け継がれています。本展では三溪の旧蔵品約150件を展示。三溪の旧蔵品がこの規模で一堂に紹介されるのは初めてです。三溪自身もこれらをいちどきに鑑賞したことはありません。本展は、三溪がコレクションの公開のために建設を夢見ていたとされる、幻の美術館を具現するものとも言えるでしょう。
2
国指定文化財(国宝、重要文化財)30件以上を含む、珠玉の美術品が集結!

三溪が収集した美術品のうち現存する作品の多くは、今日では国宝や重要文化財に指定され、三溪の審美眼の確かさを物語っています。本展では、三溪旧蔵品を代表する国宝《孔雀明王像》や《寝覚物語絵巻》を始め、30件以上の国指定文化財が出品されます。三溪旧蔵の至宝が、最大規模で横浜に里帰りします。

国宝

《寝覚物語絵巻》(部分)
平安時代後期(12世紀)、紙本着色・一巻、26.0×533.0cm、大和文華館蔵
[展示期間:8月9日(金)〜9月1日(日)]

国宝

《孔雀明王像》
平安時代後期(12世紀)、絹本着色・一幅、147.9×98.9cm、
東京国立博物館蔵 Image: TNM Image Archives
[展示期間:7月13日(土)〜8月7日(水)]

3
「コレクター」「茶人」「アーティスト」「パトロン」
――四つの切り口で、三溪と芸術との関わりを紐解く。

三溪園の夏の風景
提供:三溪園

三溪は茶道具の収集も行い、実業界の先輩で茶人としても知られた益田鈍翁(ますだ・どんのう)や高橋箒庵(たかはし・そうあん)を招き、慣例にとらわれない道具の取り合わせなどで自由な趣向の茶事を楽しみました。書画の才能は余技の域を超え、その恬淡とした画境は三溪ならではのものです。また、今日、国の名勝にも指定される「三溪園」は三溪の最大かつ最高の芸術作品に他なりません。そして実業以外の三溪の功績で最も広く知られるのが、日本美術院の画家を支援したパトロンとしての役割でしょう。本展では、「コレクター」「茶人」「アーティスト」「パトロン」の四つの切り口で、文化人・三溪の全体像を紹介します。
4
三溪自筆のさまざまな記録を読み解き、コレクションの秘密に迫る。
三溪は、作品の購入先や金額を自ら克明に記録した買入覚や数種の蔵品目録を残しました。これらからは、コレクションの形成の過程や傾向、分類に関する三溪の独創的な考え方を知ることができます。また、三溪は生前、古代から近世の所蔵品名品集『三溪帖』の出版を計画しました。そこに掲載される予定であった緒言や解説の自筆草稿において、三溪は研究者の態度で所蔵品を分析し、独自の視点で美術史上の位置づけを行っています。本展ではこれらを含む貴重な記録類から、コレクションの遍歴を辿り、また、三溪の美術史観を読み解きます。

Page Top
ページトップへ